子猫の価格はどれくらい?ペットショップとブリーダーでの相場!

長い間、一緒の時間を過ごすのであれば、子猫のうちに飼いたいという飼い主の方も多いと思いますが、ベンガルは日本では珍しい個体であるため、ペットショップやブリーダーから手続きして飼う必要があります。

今回はそんな子猫の価格相場について解説していくので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ペットショップやブリーダーでの価格


ベンガルの子猫2018年3月5日生 493番しろ

日本では希少価値の高いベンガルは、里親で引き取ることが難しく、ペットショップやブリーダーから購入という形が一般的です。

子猫の時から、ハッキリと模様がわかっている個体が多く、そのため綺麗な模様の子猫には高額な価格で設定されていることが多いでしょう。

他にも顔立ちや毛並みの良さでも金額が変動することがあるので、ペットショップやブリーダー間で価格の取り決めが異なるケースもあります。

基本的な相場としては、20~30万円ほどの価格であることがほとんどです。そこから、模様が綺麗な子猫などは、価格が高騰していることもあるので、一度ペットショップやブリーダーに価格の理由を確認しておくことをおすすめします。

模様にこだわるならブリーダーを頼りましょう!


ベンガルの子猫 2017年9月14日生まれ レッドちゃん メス

ベンガルの子猫が飼いたいと考えているのであれば、様々な猫の種類を取り扱っているペットショップではなく、ベンガルを飼育しているブリーダーにコンタクトを取る方がおすすめです。

ブリーダーであれば、様々な模様や被毛の子猫を取り扱っているため、自分好みの子猫が見つかります。

またネットで写真を掲載しているブリーダーも多いことから、実際に写真を確認してから子猫に会いに行くことが可能です。

ペットショップであれば、自分の好みの子猫を見つけるまで時間がかかるので、ベンガルの子猫が欲しいと決めているのであれば、ブリーダーを頼るようにした方がいいでしょう。

一番価格が高い模様はロゼット


ベンガルの子猫 2017年9月30日生まれ 422番みどり君 オス

基本的に希少価値の高いベンガルは価格が高いのですが、その中でも高額になりがちなのが、「ロゼット模様」の子猫です。

ロゼット模様とは、いわゆるヒョウ柄のことで、円形の模様が野性味溢れて可愛らしいのが特徴になります。その分、人気も高いので、価格的には子猫のうちであれば70万円以上になることもあるので、予算には注意が必要です。

他にも小さな黒い斑点がポツポツとある「スポテッド」、黒い部分と他の色が混ざり合ったような「マーブル」といった模様があります。

まとめ


子猫のうちは高額になりがちなベンガルですが、特にロゼット模様が人気が高いこともあり、価格的には高額になることが多いようです。

また模様や被毛の種類も様々なので、ペットショップよりはブリーダーに依頼した方が好みの子猫が見つかることでしょう。

ブリーダーに確認を取って、自分好みのベンガルを見つけてみてください。

執筆ライター yoshi
長毛のスコティッシュフォールド、ロワくんと生活しています。猫の生態や特徴ついて、たくさんの人に知ってもらいたく記事作成を行っているので参考にしてみてください。