サーバルキャットとは?

サーバルキャットの外見

サーバルキャットは、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南に生息しているネコ科の野生動物です。しなやかで細く美しい肢体、身体全体は黄褐色に黒の斑点模様がついている精悍な大型の猫といった風貌です。大きく先のまるい中央によった耳が特徴で、人間には聞き取れないほどの物音も正確に聞き分けると言われています。

サーバルキャットは群れずに単独で生活していて、オスは大まかな縄張りをもち、メスはオスのなわばりを自由に行き来しています。

サーバルキャットの生態について

野生のサーバルキャットはネズミやウサギ、鳥類などを捕食しています。
高い運動能力を生かした狩りのスタイルは圧巻で、低空を飛行する鳥なども2m以上のジャンプによって捕えることができます。
木登りや泳ぎも得意です。

幼いサーバルキャットは母親が狩りなどで目を離している隙にハイエナなどに襲われることがありますが、近年の天敵はもっぱら人間です。家畜を襲おうとしたところを返り討ちにされる、車などでの轢死、また美しい毛皮目当ての密猟などで、人間の手によって個体数が減少しているのが実情です。