いわゆる日本の猫 ジャパニーズボブテイル

いわゆる正統な日本猫ですが、約1000年前に仏教の教典を守る為に
中国から輸入された猫だと言われています。

古い歴史のある猫ですが、残念なことに日本では大分数が減ってきています。1960年代にアメリカでの、計画的な繁殖が始まり日本では普通にいたこの猫が、まずアメリカで人気を博し愛好会まで出来ました。

よく街で見かける猫は全部日本猫と勘違いしますが、正当なジャパニーズボブテイルの最大の特徴は短く丸まったボンボンみたいなその尾です。

座っている時はボディに巻きつけ、立っている時は立てています。体はスラリと筋肉質で、鼻が高くて長いのも特徴のひとつです。

被毛は柔らかく、ダブルコートになっていますがアンダーコートが少ないのでシングルコートのようにも見えます。一番人気はやはり三毛。海外では「MIKE」と呼ばれています。

性格はとても優しく、穏やかです。環境の変化に強く、頭もいいのでとても飼いやすい猫ですが知らない人に対しては、少し神経質です。また性格的に、多頭飼いもしやすい猫です。