サーバルキャット実際に飼ってみると

ベンガル猫の撮影について

サーバルキャットを実際に飼うことができるタイミングは早くても生後3カ月以上経ってからになります。
この時点ですでに体長はイエネコの成猫ほどかそれ以上になっています。
生後間もないサーバルキャットはしばらく母親の元で過ごし多くのことを学びます。また、この社会化の時期に人間との関わり方も学ぶことになります。
この時期に人間と関わることをしないと、人間になつくことはほとんどなく、それどころか危害を及ぼす可能性もあるからです。

ブリーダーの元で繁殖されたサーバルキャットは新しい飼い主の元へ送り出す前に、前肢の爪の切除手術や、特徴的な長い犬歯を削る処置をされている場合もあります。
人間に危害を加えないための処置です。

社会化の時期を人間や他の動物と過ごしたサーバルキャットは、実際に新しい飼い主の元へ着いたその日から既に愛情を示すこともあるようです。自分より小さな子供や犬、猫の面倒をみたりすることも多いようです。

実際にサーバルキャットを飼っている人のブログや写真、動画などでその様子を見ると「身体の大きな猫」のポジションに収まり、家族の一員として愛情を注がれているようです。

実際に自宅で飼うのは難しいな・・・。そんな野生的な猫好きな方には「ベンガル猫」がオススメです。
[hoge]