密かな人気?サバンナキャットとは

サバンナキャットは欧米で猫好きの間でちょっとした人気をはくしている野性味溢れる大型の猫のことです。この猫は皆さんもご存知のサーバルキャットとイエネコを交配して作出された品種のです。

大きさは猫の中で世界一大きく、ギネスブックにも登録されるほどで、サーバルキャットとさほど変わらないか一回り小さいぐらいです。そんなところがまたサバンナキャットを飼いたくなるポイントですね。

柄はやはりサーバルキャットの血が濃いため黄褐色に黒い斑点模様で尻尾も黒いリング状の模様になっています。そしてサバンナキャットを飼っているおうちでは多頭飼いをしているおうちが結構いらっしゃいます。仲良く毛づくろいをしている姿はもうなんともいえないほど可愛いです。ワイルドな猫の魅力は見た目とのギャップにあるかもしれませんね。見た目がワイルドなのに甘えん坊とくると可愛くて仕方ないでしょう。

そして、サバンナキャットはF1F2F3の3種類に分けられています。F1はサーバルキャットとイエネコの混血種。F2はF1とイエネコの混血種。F3はF2とイエネコの混血種。このように段階を経て野生の血を薄くして家庭で飼い易いようにブリードしています。

今は大体がF2やF3のサバンナキャットが多くなってきていますが、中にはF4で購入できる場合があったりしますし逆に、F1のサバンナキャットもで売られている場合があるのでどのタイプの混血種なのかを聞くようにしましょう。

サーバルキャットのように知名度は高くなく飼っている方もまだまだ少ないですが今後日本でも徐々に増えてくる可能性が高い魅力的な猫です。今後のサバンナキャットに注目ですね。
[hoge]