シンガプーラは最も小さい猫種の1つです

シンガプーラは小さな妖精とも呼ばれる、猫の品種の中でも最も小さい部類に入ります。

シンガプーラはその名の通り、シンガポールを原産地に持つ猫でアメリカから来た夫婦により発見されました。

大きな瞳はアイラインが引かれたようにくっきりと魅力的でそのアイカラーはグリーンやヘーゼル、またイエローなどが確認されています。

毛色は象げ色の淡いセーブルで、尻尾の先が黒か濃いブラウンをしているのが特徴です。

また小さなボディは大きくても3kg以内で普通の猫よりも一回りかそれ以上小さいサイズになります。また身体は小さいですが、しっかりとした四肢をもっており遊び好きな面もあります。

声も小さくあまり鳴くことはありませんので、住宅の密集する環境でも近所に迷惑をかけることはないでしょう。

大人しい性格ですが愛情深く甘えん坊猫なのでよくかまってあげることが大切です。人に遊んでもらうことが大好きですので、一緒にいる時間を
めいっぱい楽しむことができる良い相棒となってくれることでしょう。
[hoge]