アメリカンショートヘア:ルーツはネズミ捕りの猫?

日本国内において最もメジャーな猫主の1つに挙げられるのがこのアメリカンショートヘア。

アメリカンショートヘアの歴史は、約400年ほど前にさかのぼります。当時はペットとしてではなく、ネズミ退治の対策として必ず船では猫を飼っていました。アメリカンショートヘアのルーツはこの開拓と植民の時代に、イギリスからアメリカに渡る船で飼われていたネズミ捕りの猫と言われています。徐々に開拓移民の間で飼育されるようになり、1900年にCFAに登録されました。

体の特徴としては、顔は丸く四角い鼻や口をしています。引き締まった手足は、運動能力が高くまさにハンター。毛も硬く冬には厚く、春には薄くなり寒さ・湿気や外傷には強い猫です。色は代表的なシルバー・クラシック・タビーの他、茶色のブラウンタビーや黒、白、クリーム等、色々なバリエーションがあります。

性格は活動的で好奇心が旺盛。遊び好きで活発で、子供や他の動物とも仲良くなれるという性格が人間と暮らすのに適しているために1990年代後半より人気が高まりアメショーの呼び名で親しまれています。
[hoge]