アメリカで品種改良された エジプシャンマウ

その名前から、エジプトの壁画の猫を思われがちですがエジプシャンマウの起源は、エジプト産のイエネコを元にアメリカで品種改良された品種です。

1953年にイタリアに滞在中のロシア人の王女が、カイロから1匹のイエネコを取り寄せイタリアの猫と交配させ、生まれた子猫を連れてアメリカへ亡命しました。その子猫がエジプシャンマウの始まりです。

映画「キャットウーマン」で主役?の猫を演じるのも、エジプシャンマウですね。

シルバー、ブロンズ、スモーク、黒の斑点模様が特徴で目は明るいグリーン。短毛種で細身な、筋肉質の体をしています。大きな耳とアーモンド型の目をしているのも特徴です。前足よりも後ろ足の方が多少長く、V字型の頭をしています。全体的にスリムで丸まるとした印象はありません。

性格はおとなしく、人見知りをします。ただ賢い猫で、飼い主には従順で甘えん坊です。面倒見もいい猫なので、多頭飼育も可能です。一人で遊ぶことが大好きで、シルクの布でマッサージしてあげると被毛がツヤツヤと輝きます。
[hoge]