子猫を保護したら?動物病院に行かなきゃいけない理由を獣医師がレクチャー

子猫を拾っちゃった…とりあえず動物病院?

でも病院行ってどうするの?

病気じゃないのに連れてっていいの?

ここでは、子猫を保護したあとに、まず動物病院に連れて行かなければいけない理由をお話したいと思います。

子猫を保護したら、まず動物病院に行く理由

猫を飼ったことがある人も、猫なんかはじめてさわった!という人も、とりあえず、子猫を保護したら動物病院へ行きましょう。

例え子猫が元気そうで、ごはんをむしゃむしゃ食べたとしても、必ず1回は連れて行きましょう。

動物病院に行く1つ目の理由は、

・子猫の状態を確認するため

子猫は本当に元気なのか?ケガをしてないか?風邪をひいてないか?

ノミやシラミを持っていないか?危険な感染症にかかっていないか?

見た目だけではわからないことがたくさんあります。

大人の猫ちゃんと違って、免疫力の弱い子猫は、ちょっとしたケガや病気で命を落としてしまうことも珍しくありません。

特に、家にすでに他の猫や犬を飼っている人は要注意です。

そのまま連れて帰って、おうちの猫ちゃんやわんちゃんに病気をうつしてしまう可能性があります。

子猫を拾ったら、家に帰る前にまっすぐ動物病院へ行きましょう。

 

・本当に野良猫なのか確認してもらうため

2つ目の理由です。外にいる子猫のほとんどが、外で生まれた野良猫ちゃんですが、中にはどこかのお家から逃げ出してしまった飼い猫ちゃんもいます。

ペットショップから買われた子であれば、マイクロチップが入っているかもしれません。

念のため、近くの動物病院で確認してもらいましょう。

・今後のことを相談するため

3つめはこれです。子猫を保護したあと、どうするかは人によって様々です。

例えば、そのまま家でペットとして飼う予定であれば、その後のワクチン接種のスケジュールやノミやダニの予防、ウイルス検査や避妊・去勢手術について、いろいろなことを決めていかなければいけません。

保護はしたけどうちでは飼えない…。そんなときは、保健所に連れて行く前にまず、病院で獣医さんに相談してみましょう。里親に出せる状態なのか?引き渡し前にやっておくべきことは?獣医さんにあらかじめ、教えてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「子猫、拾っちゃったんですけど…」という主訴で来院される方はどこの病院にもたくさんいますので、獣医さんは慣れています。

病気じゃなくても、どんなささいな質問でも、答えてくれるはずです。

子猫を保護したら、とりあえずまず動物病院に連れて行ってあげてくださいね!