子猫の下痢はミルクが原因かも!理由を解説

子猫が下痢になり、原因に心当たりがないときはミルクの成分が原因かもしれません。牛乳や人間の乳児用のミルクなどを与えてはいませんか?

ここではどうしてミルクが下痢の原因になるのか、その理由について解説します。

 

子猫の下痢は危険!きちんと対処しよう

 

子猫のうちはまだ体力がないため、下痢になると体力を消耗し弱ってしまいます。脱水症状や低体温を起こし、命にかかわることもあります。

子猫が下痢をしている時は早めに原因を特定し、対策をとってあげましょう。

 

子猫の下痢の原因がミルクってどういうこと?

 

子猫がミルクによって下痢を起こす場合、飲んだミルクを体内できちんと消化できていない可能性があります。つまり、消化不良の状態です。

消化不良を起こす原因になるのが、乳糖という動物の乳に含まれる糖分です。猫はこの乳糖を分解する酵素をあまり持っていないため、乳糖を多く含んでいるミルクは上手に消化できないのです。

乳糖の量は動物によって変わる

動物の乳に含まれる成分はどんな動物でもだいたい同じです。しかし、動物の種類によって必要な成分は違うため、成分の量が動物ごとに大きく違います。

一般的に肉食の動物の乳は脂肪が多く、乳糖が少ない傾向です。それに対して草食動物の乳は脂肪が少なく、乳糖が多い傾向にあります。人間を含む霊長類の乳は草食動物よりもさらに多くの乳糖を含んでいます。

 

子猫には子猫用ミルクを

ミルクによる子猫の下痢を避けるには、子猫用のミルクを使用することが大切です。

市販されている猫用ミルクは牛乳が原料ですが、猫が安全に飲めるように乳糖が取り除かれています。猫用ミルクには子猫用、成猫用、シニア用があるので間違えないようにしましょう。

人間が飲む用の牛乳や乳児用ミルクは手に入りやすいですが、乳糖の量が多いので子猫には飲ませないようにしてください。

 

子猫用ミルクでも下痢をするときは

きちんと子猫用ミルクを使用しているのに下痢をしている場合は、牛乳アレルギーの可能性も考えられます。早めに病院に行き、検査をしてもらいましょう。

 

まとめ

子猫の下痢を避けるには子猫用のミルクを飲ませることが大切です。

また、子猫が下痢をしてしまったときは注意深くようすを観察してあげましょう。小さな子猫にとって下痢は危険な症状です。気になることがあったら迷わず病院に連れていってあげてください。