生後2ヶ月の子猫の育て方【食事・トイレ・ワクチンなど】

子猫 2か月

「生後2ヶ月くらいの子猫のお世話はどのようにしたら良いのか」とお悩みではありませんか?

本記事では、この頃の子猫の特徴、食事、トイレ、ワクチンについて解説していきます。

生後2ヶ月頃の子猫の育て方

生後2ヶ月頃の子猫の特徴

この頃の子猫の体重は、大体700~1000gです。
元気でやんちゃ盛り。

親猫や兄弟猫がいれば、じゃれ合って社会性を学ぶのに適しています。

親猫や兄弟猫がいない場合は、猫じゃらしなどのおもちゃで遊んであげましょう。

猫は持久力がないので、1回につき15分くらいが目安です。

毎日遊んであげるのが、理想的になります。

生後2ヶ月頃の子猫の食事

離乳食から、子猫用ドライフードやウェットフードに切り替えましょう。

ドライフードには、最初のうちは子猫用ミルクや離乳食を混ぜてもOKです。

子猫は消化器官が発達しきっていないので、一度に多くは食べられません。

1日の食事を、3~5回に分けて出してあげましょう。

生後2ヶ月頃の子猫の食事

離乳食から、子猫用ドライフードやウェットフードに切り替えましょう。

ドライフードには、最初のうちは子猫用ミルクや離乳食を混ぜてもOKです。

子猫は消化器官が発達しきっていないので、一度に多くは食べられません。

1日の食事を、3~5回に分けて出してあげましょう。

生後2ヶ月頃の子猫のトイレ

この頃の子猫は、排せつを自力でできるようになっています。

子猫がまたぎやすいように、トイレはふちの浅いものがおすすめです。

子猫が床をこいこいと掻いたり、ぐるぐる回ったり、床を嗅いだりし出したら、トイレサイン。

トイレに連れていってあげましょう。
以降、同じ場所で排せつするようになることが多いです。

もしも、トイレに失敗しても、怒ってはいけません。
排せつしたことを怒られたと思い、我慢するようになることがあります。

トイレの我慢は、病気につながる怖れがあるので気をつけましょう。

生後2ヶ月頃の子猫にワクチンを

この頃の子猫に、1回目のワクチンを接種させます。

母猫の初乳には免疫が含まれていて、飲んだ子猫は抗体をもらっていますが、2ヶ月くらいで効果が切れるからです。

生後2ヶ月くらいの子猫は体力がないので、ウイルスに感染すると、命を落としてしまうこともあります。

ウイルスから守るために、動物病院でワクチンを打ってもらいましょう。

まとめ

以上、生後2ヶ月くらいの子猫の育て方を見てきました。

遊びたい盛りでバタバタ忙しいこともあるかもしれませんが、活発でかわいらしい姿を見られるのは、この時期の特権です。

楽しみながら、お世話してあげてくださいね。