生後3ヶ月の子猫の育て方【特徴・食事・トイレなど】

子猫 3か月

「生後3ヶ月くらいの子猫を育てるときの注意点はあるのだろうか」とお悩みではありませんか?

この記事では、生後3ヶ月頃の子猫の特徴、食事、トイレ、ワクチン、社会化について解説していきます。

 

生後3ヶ月頃の子猫の育て方

生後3ヶ月頃の子猫の特徴

体重が1㎏を超え、早い子は永久歯が生え始めるのが、この頃の子猫の特徴です。

人間でいうと5才で、子猫ごとの個性があらわれはじめる、おもしろい時期でもあります。

 

生後3ヶ月頃の子猫の食事

生後3ヶ月頃の子猫はまだ伸び盛りなので、成猫より高カロリーのフードが必要になります。

とはいえ、消化器官が未発達で体も小さいので、1日の必要量を3~5回に分けて与えるようにしましょう。

できればこの頃に、離乳食から子猫用のドライフードへ完全に切り替えます。

ドライフードは水分が少ないので、水もたっぷりと用意しておくことが大切です。

 

生後3ヶ月頃の子猫のトイレ

まだトイレで排せつすることを覚えていない場合は、しつけます。

ウロウロしたり、床のにおいを嗅いだりといった様子があれば、トイレに連れて行ってあげましょう。

次回からも、同じところでしてくれることが多いです。

うまくできたら、褒めてあげてください。

失敗しても怒るのはNG。

おびえて、ますます上手にできなくなります。

また、猫はとてもきれい好き。

猫砂の汚れた部分を取り除いて、新しい砂を加えるということを、排せつのたびにするのが理想的です。

 

生後3ヶ月頃の子猫に2回目のワクチン

この頃の子猫にワクチンを接種させます。

生後2ヶ月くらいで1回目のワクチンを打たせますが、効かない可能性があり、保険として何度か打つことになっているのです。

 

子猫は生後3ヶ月頃まで、社会化を意識

生後3ヶ月頃までに色々なことに慣れさせておくと、子猫は落ち着いた猫に育ちます。

人に触られることや、歯みがき、爪切り、シャンプーなどです。

ただし、嫌がっているのに、無理に押さえつけてやるのはNG。

例えばシャンプーなら、暴れだしたらすぐにすすいで次回に再挑戦するなど、様子を見ながら進めます。

まとめ

以上、生後3ヶ月頃の子猫の育て方について見てきました。

まだまだ成長がめざましい時期です。

変化を楽しみながら、育てていきましょう。