子猫の育て方【お風呂・シャンプー編】

猫 風呂

「子猫のお風呂の入れ方とシャンプーのやり方が知りたい」とお考えではありませんか?

この記事では、子猫のお風呂とシャンプーの手順について解説していきます。

 

子猫の育て方【お風呂とシャンプーの手順】

猫は基本的には水が嫌い。

ストレスになることも多いので、シャンプーは子猫の体調が良い時にやってあげましょう。

以下よりシャンプーの手順を説明します。

 

1.子猫の爪切りをする

使うのは猫用の爪切りがおすすめです。

子猫を抱いて指をそっと押すと、隠れていた爪が出てきます。

根元のピンクの部分には血管が通っているので、そこは切らないように注意してください。

先端の透明な部分を切りましょう。

 

2.子猫をブラッシングする

ブラッシングで、余分な抜け毛やもつれを取り除きましょう。

シャンプーの時間短縮につながります。

 

3.子猫の体にお湯をかけてぬらす

お湯の温度は36~38度くらいが目安です。

桶にお湯をためて手ですくってかけてあげるか、シャワーで体を濡らします。

シャワーであれば、水圧を弱めにしましょう。

シャワーの音が嫌いな子がいますが、ヘッドを子猫の体に密着させると、音が小さくなって効果的です。

 

4.子猫の体をシャンプーで洗う

体全体にシャンプーをかけて、首、背中、おなか、足、おしり、しっぽ、と上から下に向かって、指のはらで優しくマッサージするように洗います。

肛門まわりやしっぽのつけ根は汚れやすいので、念入りに洗いましょう。

 

5.子猫の体のシャンプーを流す

子猫の体の上から下にかけて、シャワーでしっかりすすぎます。

シャンプーが残っていると、皮膚トラブルの原因にもなるので、すすぎ残しのないようにしましょう。

すすぎ終わったら、水をしぼります。

 

6.子猫をタオルドライする

タオルで全身を包んで、根元まで拭いてあげます。

この後のドライヤーを嫌がる子猫もいるので、できるだけタオルドライで水分をとってあげましょう。

 

7.子猫の顔まわりを拭く

濡らしたタオルで、子猫の顔まわりを優しく拭いて、汚れをとります。

 

8.子猫をドライヤーで乾かす

低めの温風が出るようにして、ドライヤーで根元から乾かします。

このとき、手にも風を当てて、熱さを確認しながらやると良いです。

 

まとめ

以上、子猫のシャンプーの仕方を見てきました。

できれば、子猫の時代からシャンプーに慣れさせておくと、成長してからもやりやすくなります。

かといって、無理におさえつけてやると、トラウマになってしまうことも。

あまりに暴れるときは中断して、次回再挑戦するなど配慮してあげることも大切です。

優しく声をかけながら、無理なくやってあげてくださいね。