子猫が噛む理由とは?原因と対処法

猫 噛み癖

「子猫が、突然噛んでくる」とお困りではありませんか?

この記事では、子猫が噛んでくる理由と対処法について解説していきます。

 

子猫が噛む理由とは?

狩猟本能から

歩いているときや、遊んでいる時に、子猫が足や手に噛みついてくることがあります。

子猫には、動いているものを獲物と思い、噛みつく本能があるからです。

 

気に入らないから

なでている時に噛まれるのは、なで方や場所が気に入らないのかもしれません。

例えばあごの下は自分で毛づくろいできない場所なので、指先で少し強めにかいてあげると、喜ぶ子猫が多いです。

また、しっぽのつけ根をポンポンとタッチされるのが好きな子猫がいますが、嫌いな子猫もいます。

しっぽを触られる事自体を、嫌がる子猫も多いです。

 

不安や恐怖を感じたから

住む環境が変わったり、動物病院に連れていかれたりした時など、不安や恐怖を感じると、子猫は噛むことがあります。

 

要求があるから

「ごはんが食べたい」、「遊んでほしい」、「かまってほしい」などやってほしいことがあると、子猫が噛んでくることがあります。

応じてしまうと、噛めば望みが叶うと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

 

ケガや病気だから

子猫は、ケガや病気の時に、攻撃的になることがあります。

さわった時に急に噛んでくる場合は、ケガや病気の可能性も疑い、獣医さんに診てもらうことも視野に入れましょう。

 

子猫が噛む時の対処法

おもちゃを使って遊ぶ

人の手で遊んでいると、子猫は狩猟本能でついつい噛んでしまうことも。

おもちゃを使って遊んであげれば、手が傷だらけになるのを防げるでしょう。

 

やめさせて、そっけなくする

「ノー!」「ダメ!」とひとこと言い、子猫が驚いて噛むのをやめたあと、かまわないようにします。

手をバタバタしながら大声で叱り続けていると、遊んでもらっていると勘違いすることがあるので、短く済ませると良いです。

 

もう1匹子猫を飼ってみる

もう1匹飼うことで、子猫同士でじゃれて、時には噛み合うこともあるでしょう。

その中で噛まれるのは痛いことだと知り、手加減を学んでいきます。

 

体罰はダメ!

噛まれて痛いからといって、子猫に体罰はいけません。

恐怖を感じて、ますます噛んでくることがあります。

また、飼い主に不信感を抱くことにもつながるでしょう。

 

以上、子猫が噛む時の理由と対処法でした。

噛まれた時は相当の痛さで、理性を失ってしまうかもしれませんが、子猫の習性を理解してあげて、望ましい対処をしていきましょう。